美術研究所

表現への探求心を胸に
基礎から表現する意味まで一緒に考える教室

美術研究所は、生徒一人ひとりの志望校に向かっていくためのプロセスをオリジナルでコーディネートし、指導していきます。

受講対象:
  • 高卒生
  • 高校3年生
  • 高校2年生
  • 高校1年生
  • 中学生

天王寺予備校の美術研究室は、一人ひとりの志望校・目標に合わせて授業計画を立てています。
苦手な分野を克服し、得意は伸ばし強化する。
美術系大学受験から美術系高校受験、中学生から将来的に美術の大学を目指している生徒まで、
個人の学びに合った課題設計を行います。

京都精華大学
デザイン学部
(ビジュアルデザイン学科)

高3から受験するにあたり高校で美術の授業が在学中1年間なので、基礎から学ぶことにした。本格的にはやってないので、デッサン、色彩、立体を試験日までに習得するために、特に立体に関しては、経験がないので、構築の仕組を学び自信を持って受験できるようになりました。

高校3年生受験スケジュール

※クリックすると画像表示します。
※上記のスケジュールにて進行しますが、苦手なところは3軸の配分を変えて受験に備えます。

どのくらいの期間・回数を受講していいのか、迷ってしまう方には無料体験授業・ガイダンス時によって、
講師からもご提案させていただきます。

論理的に基礎を
学び、表現の幅を
広げる

美術はセンスによるものだとよく聞きます。
しかし、実際は技術的な訓練を積めば誰でもうまくなることができます。
論理的に美術を学び、実際に作品に活かしていく力をつけていくことで、表現の幅を獲得することができるのです。

物をとらえる力、的確に素早くとらえ、その物の存在感を表す構図、質感、立体感は絵の基本であり、そのことによってその人の力量をひとめで測る事が出来ます。
人間は持って生まれた感性で色を表現する事ができ、それに色彩学を加えればもっとその色の使い方の幅を広げる事になります。そして決められた時間に完成度を高めることはとても大事な事でしょう。

天王寺学館美術研究所は、基礎的なモチーフでの実技なら大きめ の机を使用し、
複雑でたくさんのモチー フを描く場合や石膏、人物の デッサン ( 描写 ) をする場合は
イーゼルの使用による授業ですがどちらの場合でも周りの人を気にすることなく
実技に打ち込めるだけ の教室になっています。

通学定期・学割

高卒生は通学定期・学割の適用はありますが、高校生、中学生は運輸規定により通学定期・学割の適用はありません。

お問合せ・資料請求

ご質問に関してはこちら

メールでのお問合せ

  • 関西外語専門学校
  • 関西外語専門学校 日本語課程
  • 関西インターナショナルハイスクール
  • 天王寺学館高等学校